アルファベットを覚える前に歌やアクションで

自然に読み書きができるようになる

ジョリーフォニックスの楽しいマジック。

ジョリーフォニックスはイギリスで考案され、世界100か国以上の学校で採用されているシンセティックフォニックスという新しい学習法です。子どもたちの興味や感覚をマルチに刺激し、楽しみながら英語の読み書きの大切な基礎を構築するために研究開発され体系化されたプログラムです。小さな子どもたちが日本語を覚える時期にジョリーフォニックスを学習するこにより、その効果は飛躍的に向上します。
 

初めにアルファベットとは違う、音に関連づけられた順序で構成された42文字の音を歌やアクションを通じて学び、単語の勉強へと進みます。またフィンガーフォニックスと呼ばれる指で直接文字に触れて覚えるプログラムをはじめ、さまざまな感覚を駆使して学ぶ5つのアプローチで読み書きの基礎を身につけます。

ジョリーフォニックス5つのアプローチ。

1Learning the letter sounds

文字の音を学ぶ

主要な42文字の発音を勉強します。これは一般的なアルファベットの26文字以外にsh/th/ai/ueなどが含まれます。

Learning letter formation

文字の形を学ぶ

視覚だけでなく触覚などさまざまな感覚を使うアプローチで文字の形と書く方法を学びます。

Blending

ブレンディング

複数の文字や音をつなげて新しい単語の読み書きができるようになるための勉強をします。

 

 

Identifying the sounds in words (Segmenting)

言葉の音を識別する(聴き分ける)

子供たちが言葉の音を聴き分ける勉強をすることで、より高度な英語の綴りを学ぶための大切な一歩をスタートします。

Tricky words

トリッキーワード

トリッキーワードと呼ばれるブレンディングでは読み取れない、不規則なスペルを持った単語を個々に覚えます。

Jolly Phonics 6ヶ月プログラム

0歳からの子ども英語教室 SeedLing English School

幼児、小学生対象の子供英語・シードリング 子供英会話教室